渡辺浩二設計室 別館 

30分(くらい)で読める 家づくり資料室
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 竜巻に備えて | main | 地震に強い家について >>
風のちから
          
Img_a859a8d28fe341a52877c3b2c404c7ff


ニュースなどで台風の勢力をあらわすとき、


「最大風速」(10分間の平均値)と、
「最大瞬間風速」(3秒間の平均値)と、


風速をふた通りに分けて呼んでいますが、建築基準法が想定する風の強さとは、「最大風速」(10分間の平均値)で、地域により30〜46m/秒の範囲で定められています。


弊社のある境港市は、建築基準法では、「
30m/秒」の地域です。ちなみに気象庁の観測データによると、境港では、最大風速が19.5m/秒、最大瞬間が42.0m/秒が史上最大で、ともに1991年の19号台風によるものでした。


秒速30mは、時速に計算しなおすと108kmに相当します。このときの風圧力は大雑把に計算すると、1平方メートルあたり約54kgです。この風を受ける面が10m2に拡がると、風圧力は540kgになります。同様に、2階建て40坪程度の住宅の外壁一面を50m2と仮定すると、その力は2700kg(2.7t) です。



大掴みに言えば、これが構造計画時に求められる風圧力で、一般的な木造住宅の場合、風を受ける面に直交する耐力壁の量(強さ*長さ*箇所)がその強さの根拠となります。


空気の密度は非常に小さく(水の1000kg/立米に対して1.2kg/立米)、普段その存在をあまり意識することはないのですが、風力発電のように再生可能エネルギーの源となる反面、脅威にもなるのだと、あらためて思い直しています。

 
| 1:住宅の構造強さ | 10:00 | - | - | pookmark |