渡辺浩二設計室 別館 

30分(くらい)で読める 家づくり資料室
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 「夏涼しくて冬あたたかい」家(2/6) | main | 竜巻に備えて >>
「夏涼しくて冬あたたかい」家(1/6)
Img_44750c110755988cb247f0c3a3db73fc

「夏涼しくて冬暖かな」家、とは言うけれど、実状とクライアントさんの心情をより正確にあらわすのであれば、


「夏の暑さと冬の寒さが身体への負荷にならないように工夫された、ほどほどに快適な家」ぐらいに言い直したほうが、おさまりがよいようです。確かに、春や秋に比べれば夏は暑いし冬は寒いし、効きすぎた冷房も暖房も、どちらもあまり気持ちの良いものではないですよね。

 
Img_0e61d3cb6c9d110515685912d1e9e957

では夏と冬に、「ほどほどに快適」であるためには、何が必要なのでしょうか?私(渡辺)は、以下の6つであると考えています。


夏の場合:
1:日射を防ぐこと。
2:室内の空気(熱気)が澱まないようにすること。
3:通風がよいこと。



冬の場合:

4:できるだけ日差しを取り込めること。
5:足元があたたかくなる(冷たくならない)ようにすること。
6:
室内の熱をできるだけ外に逃がさないこと。


こうしてみると、人と衣類の関係に共通するところが多いようです。そしてあえて言い切ると、これらが住宅の温熱環境一般を考えるうえで、考慮すべき項目の必要充分です。
Img_079743cca6c9beae0289a2749f39660e

次に、自然環境のきまりごとを整理しておきます。


以下の6つ、


夏の場合:
(1)夏の日射量は、屋根面がもっとも大きい(東と西の壁面が同率2位)。
(2)入口と出口があれば、室内の空気は流れる。
(3)空気は暖められると軽くなり上昇する。
      

冬の場合:
(4)建物から逃げる熱には、3つの逃げ道がある。
(5)熱の伝わり方にも、3つのルートがある。
(6)冬の日射量は、南の壁面がもっとも大きい。



です。



なんだか中学校の理科みたいですね(^^)
 
Img_11ff2e23d8e65c86686eb5a4b8509f31

さあ、下ごしらえはこれで完了しました。


それでは、実際の家づくりのなかで、具体的に何をどうすればよいのか、以降、順を追ってご説明します。


 
| 2:「夏涼しくて冬暖かい」 | 15:00 | - | - | pookmark |