渡辺浩二設計室 別館 

30分(くらい)で読める 家づくり資料室
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 家ができてゆくシステム「材料と人編」 (コストから逆算したプランニング その3/11) | main | 2010年代における坪単価の効能と限界 (コストから逆算したプランニング その1/11) >>
家ができてゆくシステム「総論」 (コストから逆算したプランニング その2/11)


建物予算を初期段階に大掴みするためには、2010年代の今でも、まずは坪単価から割り出します。けれど重宝するのは初期段階までで、理由はコストダウンに結びつかないからです。


その理由を説明する前にちょっと寄り道して、実際に家とは物理的にどのように出来上がってゆくのかを分解して整理します。


の、予定でしたが、いきなり脱線して恐縮ですが、構造計画の話をします。


ある建物の構造(骨組み)が安全であるかどうかを確かめる手順は、


(1)その建物に加わる力の大きさと向きを想定して、
(2)想定した力が、建物のどの部分にどれだけ加わるのかを解析して、
(3)各部材・接合部ごとに、力に対して壊れない部材・接合部であることを確認する。


と、3段階に分けることができます。


Img_8de5930e2eb4cc3a2e21ce8999de2a6b

柱や梁などに流れる力の強さを個別に見定めて、部材ごとの強度を適切に選ぶことは、構造計画の最も重要なことがらです。


同じように建築計画において、人と資材が、どこに・どれだけ「投入」されるとその家はできあがるのか、を捉えることは、コストから逆算したプランニングのをおこなううえでの「一合目」で、最も重要です。


これから「家とは、誰(何)がどのように関わることで、物理的にそのカタチを成してゆくのか?」、その要素を分解して整理してゆきます。一見複雑そうですが、本質はいたってシンプルです。

 
| 6:プランとコスト | 18:00 | - | - | pookmark |