渡辺浩二設計室 別館 

30分(くらい)で読める 家づくり資料室
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 家ができてゆくシステム「お金の流れ編2」(コストから逆算したプランニング その5/11) | main | 家ができてゆくシステム「材料と人編」 (コストから逆算したプランニング その3/11) >>
家ができてゆくシステム「お金の流れ編 1」 (コストから逆算したプランニング その4/11)

家づくりの「現場」が成立するための必要十分な条件は、


・人(専門工事業者)
・人(現場管理者)
・材料


の3つが揃う事
です。
今回はこの3つに配分されるお金(コスト)の割合について書きます。


それぞれに、どれほどのコストなのかを知ること、とは、


(1)専門工事業者の作業量
(2)現場管理者の作業量
(3)材料の量


が、その現場において、どれほど必要なのかを知ることです。



大掴みにいえば、作業量、材料の量は、その現場の規模に正比例します。


システムキッチンやユニットバスなどの住設機器や仕上げの仕様と、施工難易度が一定であれば、延べ床面積30坪の家と100坪の家では、100坪の家により多くの作業量と材料、つまり多くのコストがかかります。


では、規模、コスト=坪数、床面積なのでしょうか?


Img_89b3c40d4c7b721f0c7abf4222a8890f

坪単価(工事費÷延べ床面積)が、いまでも有効な目安であるのは、延べ床面積が、住宅の規模をある程度までは示せるからです。
が、「ある程度」を超えると、いろいろと不都合が生じています。


なぜならば、実際に施工される作業面は床だけではないからです。床の他にも作業面は、屋根、軒裏、外壁、天井、室内壁と5つあって、これらの面積は建物の高さ、形状、階の比率と所要室の数によって、その計画ごとに異なります。作業量と材料量、つまりその建物のコストから捉えた「規模」は、これら6面の表面積の合計(=施工表面積)に一致します。


これは私見ですが、古来の日本建築には室内の壁がほとんどなく、間取りや階高も一定であったことから、その建物の全表面積に対する床面積の割合がおおきくて、故に床面積がニアリーイコールの「規模」として、現在に至ったのではないかと想像しています。


左官屋さんに外壁と室内の壁に200m2の漆喰を塗ってもらうと、200m2分の作業量、材料費、そして現場管理費が発生します。50m2だと足りないし、250m2ならば、50m2がロスです。



そのロスを防ぐためには数量を正確に計測できるだけの図面(設計)と図面から数量を正確に計る手間(積算)が必要で、経験からいえば、現場で発生するロスは、設計・積算のコストを上回ります。


そんなのコストダウン以前の問題だろう、と言われそうですが、「正確なコストを把握できないために生まれるロス」の芽を確実に摘んでおくことが、まず実践すべき、コストダウンの第一歩です。


次回、この「第一歩」について、異なるアプローチをご紹介します。

 
| 6:プランとコスト | 16:00 | - | - | pookmark |